news
2013.11 ホームページをリニューアル!
 

powerpush

the ands 12月レコメンド曲

THE ANDS/ Sunny Day

THE ANDSは3ピースオルタナティブロックバンド。
2011年にロックバンド「monokuro」の中心人物だった磯谷が、活動休止から、1年の実験期間を経てTHE ANDSを結成。
2012年、磯谷の故郷、福島のレーベルNomadic Recordsより1stアルバム『FAB NOISE』をリリースし、各FM局のパワープッシュソングにも選ばれました。
2013年にはベースとドラムの新メンバーを迎えてます。
メンバーチェンジによって、より極太のグルーブを手に入れ、ファズ全開のオルタナ的要素と、磯谷の生み出す極上のメロディが、更にスケールアップ。
今作『euphorium』は、前作『FAB NOISE』、2013年の限定シングル『Sunny Day』にて、本格的オルタナバンドとしてシーンに登場し、一躍ライブシーンで注目の的となったTHE ANDSの最新作です。その中の一曲『Sunny Day』は壮大なスケールのバラッド・シングルとなっています。

12月注目アルバム
Cradle Orchestra & Giovanca/ WHEREVER TO

クレイドル・オーケストラ&ジョヴァンカは数々のヒップホップ・レジェンド達とコラボレイションを繰り広げ、日本が世界に誇るプロデューサー/トラック・メイカーとしてそのシーンに名を馳せる瀬戸智樹率いるクレイドル・オーケストラと、現代のミニー・リパートンとも言うべき甘美なヴォーカルを持つオランダの歌姫・ジョヴァンカが奇跡的に出会い、紡ぎあげたプロジェクトです。
クレイドル・オーケストラのプロデュースでジョヴァンカがヴォーカルを務めた楽曲は、過去3曲発表されています。その楽曲制作を通し、単発ではなくもっと大きな枠組みとして作品を創るモチベーションが膨らみ自然と楽曲制作に入った両アーティスト。
スタジオ・ワークは日本にあるクレイドル・オーケストラのスタジオにジョヴァンカを招き、レコーディング。それはエクスペリメントの精神でトライ・アンド・エラ-を繰り返しながらブラッシュアップしてゆく、まさに音楽の合宿の様だったといいます。
『Wherever To』と名付けられたその作品は、「いつでも、どこへでも」という、ある種の“無国籍感”を印象付け、国境や国籍、時代性や細かい音楽ジャンルなど関係の無いクレイドル・オーケストラとジョヴァンカが創りだす、エヴァーグリーンなミュージック・スタイルにも表現されています。

12月おすすめアーティスト
Homecomings/ Somehow, Somewhere

Homecomingsは2012年に結成された京都在住の4ピース・バンド。結成からわずか1年で「FUJI ROCK FESTIVAL'13」「下北沢インディーファンクラブ2013」「ボロフェスタ2013」など、数々の音楽フェスに出演。さらにティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクや、ベロニカフォールズ、コンピューター・マジックといった若手海外アーティストとの共演、自主企画「Special Today」の開催など、飛躍的に活動を展開中です。
これまでに2013年に『Homecoming with me?』、2014年に『I Want You back』、同年9月に平賀さち枝とのコラボシングル『白い光の朝に』をリリース。
1stフルアルバムとなる『Somehow, Somewhere』は、前EP収録の「I WANT YOU BACK」、「WINTER BARGAIN」以外8曲全てが本作のために書き下ろされた新曲で、前述2曲も新アレンジを施して再レコーディングを行っています。
現在のバンドが持つ魅力と瑞々しいアイディアが溢れんばかりに詰った珠玉の10曲を収録。
そしてリリースに伴い、シャムキャッツとHi, how are you?をそれぞれゲストに迎えて開催する自主企画イベント「Special Today vol.3」に続き、Homecomings「GHOST WORLD」TOURが決定しています。

ムービーオン

あなたの町の歯医者さん