news
2013.11 ホームページをリニューアル!
 

powerpush

3月レコメンド曲

サン・シスコ/グレースタウン

サン・シスコはオーストラリア西部のフリーマントルで結成された若手4人組バンド。元々は高校の同級生同士で、それぞれ別の形で音楽活動をしていた4人が、2009年にサン・シスコを結成。ヴァンパイア・ウィークエンドやストロークスを彷彿とさせる軽やかなガレージ・ロックと、ドリーミー・ポップを兼ね合わせたサウンドで、一気にシーンの注目を集め、2011年には早くもオーストラリアの音楽賞「Triple J Unearthed」の年間バンド大賞にノミネートされました。スティーヴン・シュラムをプロデューサーに迎え、4曲入りの『Awkward EP』を発表。リード・シングル「Awkward」はオーストラリアのラジオ局、トリプルJのトップ100のトップ10入りを果たします。昨年3月5日には初フル・アルバムとなる『サン・シスコ』を日本でもリリースし、同月に行われた初来日単独公演はファン投票により実現し、2日間ともソールドアウト。日本のインディーロック好きの心を鷲掴みにしました。今作『グレースタウン』は彼らのセカンドアルバム。得意とするキャッチーなフックに哀愁、高揚、葛藤と癒しといったあらゆる世界観を加え、様々なジャンルの音楽ファンから注目されたメロディーセンスは今作も健在です。ダンス・ミュージック的グルーヴも新たに取り入れ、ムードたっぷりの男女ツインヴォーカルが今作ではより一層大人な世界になりました。より多彩に進化したメロディー・センスとちょっぴり大人になったサウンドを兼ね備え、その抜群のポップ・センスは何倍にも拡大して炸裂している作品です。「RUN」はその中の一曲です。

3月注目アルバム
haruka nakamura/音楽のある風景

haruka nakamuraは東京在住の音楽家。少年期に鍵盤、ギターを独学で学び、2006年より本格的に活動を開始。これまでに『grace』『twilight』『MERODICA』のアルバム3部作を発表。その他、流動的なメンバー編成の即興演奏プロジェクト<haruka nakamura LABO>や、ギタリストAOKI,hayatoとのデュオとしての活動。また、アパレルブランドのショーや展示会の音楽なども手掛けています。直近では3月21日(土)山形・文翔館議場ホールでのharuka nakamura PIANO ENSEMBLE「音楽のある風景」コンサートを控えています。
本作『音楽のある風景』はharuka nakamuraの通算4枚目となるニューアルバム。『twilight』収録曲の再構築バージョン4曲に加え、「SIN」「四月の装丁」「永遠」といった新曲3曲、そしてアルバム初収録となる2曲「nowhere」「光」の全9曲が2枚組CDに収録されています。「光」「永遠」では女子聖歌隊CANTUS(カントゥス)をフィーチャー。さらにボーナストラック「CALL」のダウンロードクーポンも封入。“暗闇の先にある、なにか。陽は沈み、それを追い求めた。光への軌跡を記録した106分。いま、音楽は確かに此処に或る”―-haruka nakamuraが過去4年間に渡り追求し発展させてきたピアノ・アンサンブル編成の集大成となる作品です。

3月おすすめアーティスト
(((さらうんど))) / See you, Blue

(((さらうんど)))は、シンガーソングライター「イルリメ」こと鴨田潤と、DJユニット「Traks Boys」により2010年に結成されたポップスバンド。同年夏にシングル「サマータイマー」をフリーダウンロード配信し注目を集めます。さらに同年末のカクバリズム企画Liveにて、サポートメンバーに ギタリストKashif、アチコを迎えた5人体制で初Live。1年の製作期間を経て遂に待望の1stフルアルバム『(((さらうんど)))』を、2013年には2ndアルバム『New Age』をリリースしています。
本作『See you, Blue』は約1年半ぶりとなる3rdアルバム。「(((さらうんど)))としてのPOPS」を目指し、歌詞とトラックをそれぞれ発展させていったという本作には、“きみは New Age”をプロデュースした砂原良徳との共作曲、(((さらうんど)))には初の参加となるSeiho、Dorianとの共作楽曲などが収録されています。また前作までのサポートメンバーに加え、最近のライヴサポートでもお馴染みの横山裕章も参加。アルバムのジャケットデザインは(((さらうんど)))作品を多く手がける大原大次郎(おおはら・だいじろう)によるもの。
鴨田潤の普遍的な歌心と、Traks Boysによる最先端のトラックメイキングが見事なまでに融合。ポップスというスタンダードに、ヒップホップ、ハウス、テクノなどのクラブカルチャーの色を落とし込み、懐かしさと新しさが共存する唯一無二の音楽となっています。

ムービーオン

あなたの町の歯医者さん