news
2013.11 ホームページをリニューアル!
 

powerpush

2月レコメンド曲

ホセ・ゴンザレス/LEAF OFF / THE CAVE

ホセ・ゴンザレスは、アルゼンチン人の両親を持つ1978年スウェーデン生まれのシンガー・ソングライター。幼い頃からギターを手にし、ビートルズなどを聴きこみボサ・ノヴァやフラメンコまでを習得したギター・プレイによって頭角を現します。2003年にアルバム『ヴェニア』でデビュー。美声とあらゆる音楽性を取り入れた楽曲で、本国ではゴールド・ディスクに輝き、2005年には同作が海外でもリリースされ、日本でもデビューを果たしました。グルーブ感のある心地よいアコースティック・ギターと美しいロウ・ヴォイスが紡ぎだす、叙情性豊かな極上サウンドで“スウェーデンの至宝”、“世界一のチルアウト・アコースティック詩人”と絶賛される、北欧を代表するシンガー・ソング・ライターです。 スウェーデンのイェーテボリにある自宅をメインに制作された8 年振りとなる3rd アルバム『Vestiges & Claws』は、70年代のブラジル音楽、アメリカン・フォーク・ロック、西アフリカのデザート・ブルースにインスパイアを受け、シュギー・オーティスとサイモン&ガーファンクルの中間に位置するようなシンプルで温かみのあるサウンドを目指したといいます。さらに本作では初のセルフ・プロデュースにも挑戦しており、プロデューサー的視点に立ち、新たにギターやパーカッションの様々なビート、ディストーションやオーヴァーダビングを軽く加えることにより、より表情豊かなサウンドに仕上がっています。その中の一曲「LEAF OFF / THE CAVE」は、軽快なクラップとアグレッシヴな旋律に合わせ情熱的に歌い上げられたナンバーです。

2月注目アルバム
haruka nakamura/音楽のある風景

haruka nakamuraは東京在住の音楽家。少年期に鍵盤、ギターを独学で学び、2006年より本格的に活動を開始。これまでに『grace』『twilight』『MERODICA』のアルバム3部作を発表。その他、流動的なメンバー編成の即興演奏プロジェクト<haruka nakamura LABO>や、ギタリストAOKI,hayatoとのデュオとしての活動。また、アパレルブランドのショーや展示会の音楽なども手掛けています。直近では3月21日(土)山形・文翔館議場ホールでのharuka nakamura PIANO ENSEMBLE「音楽のある風景」コンサートを控えています。
本作『音楽のある風景』はharuka nakamuraの通算4枚目となるニューアルバム。『twilight』収録曲の再構築バージョン4曲に加え、「SIN」「四月の装丁」「永遠」といった新曲3曲、そしてアルバム初収録となる2曲「nowhere」「光」の全9曲が2枚組CDに収録されています。「光」「永遠」では女子聖歌隊CANTUS(カントゥス)をフィーチャー。さらにボーナストラック「CALL」のダウンロードクーポンも封入。“暗闇の先にある、なにか。陽は沈み、それを追い求めた。光への軌跡を記録した106分。いま、音楽は確かに此処に或る”―-haruka nakamuraが過去4年間に渡り追求し発展させてきたピアノ・アンサンブル編成の集大成となる作品です。

2月おすすめアーティスト
Sugar’s Campaign/FRIENDS

Sugar's Campaignは「Avec Avec(アベック・アベック)」と「seiho(セイホー)」の2人による新世代都市型ポップユニット。岡村靖幸、久保田利伸、トッドラングレンや、ポンキッキーズ、90年代アニメなどに強い影響を受け、上質なJ-POP・シティポップを目指し2011年結成。ゲストボーカルを招く形でポップソングを制作しています。
2012年1月、「ネトカノ」を youtube にて公開。すぐさまネット、クラブ、インディーロック界隈をはじめ、各所で話題に。2年の時を経て、2014年8月2日に先行でHMV Record Shop渋谷店限定でアナログ盤「ネトカノ」をリリースし、予約完売。9月3日にリリースしたインディーズシングル「ネトカノ」は、タワーレコード全店チャート10位を獲得。待望のパッケージ化によっていまや新たな世代のポップアンセムとなっています。
今作『FRIENDS』は約3年ファンが待ち望んだSugar's Campaign初のアルバム。「ネトカノ」、"シブカル祭。2014"のテーマソングとして発表した「有名な映画のようにラブリーな恋がしたい」(シブカル祭。2014Ver.)そして、メジャーデビュー第一弾シングルのダンスナンバー「ホリデイ」を収録した全12トラックを収録。古き良き懐かしさと、10年代=ネット世代の新しさのどちらも感じることのできるこのポップチューンたちは、間違いなく新世代J-POPの名盤です。

ムービーオン

あなたの町の歯医者さん